パシフィック・リム Wiki
Advertisement
メイン記事 ギャラリー

オニババ(Onibaba)はカテゴリー2の怪獣である。


特徴[]

爪は1平方インチにつき約22.7tの荷重を出せる[3]。 怪獣では比較的おとなしい部類で戦いを避ける傾向にある。防御主体の戦法を取る[3]

歴史[]

Editicon.png このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

倒された後の甲羅は、三浦半島の屋外に展示され、東京湾口に向けて怪獣への威嚇と人類の鼓舞を兼ねたモニュメントになっている。

トリビア[]

高圧の泡

  • デザインは日本の寺や神社がモチーフであり、名前は1964年の邦画オニババの主役の老婆が、蟹が描かれていた服を着用していたため。
  • パシフィック・リム:アップライジングでは、シミュレーションでレンジャー候補生達が戦うが、若干巨大化されている。
  • ゲームでは、高圧の泡を口から発射する。
    • 実在のカニも、過剰摂取した水分を水鉄砲として発射する。
  • ベロボグのデザインはオニババのコンセプトの流用。

出典[]

  1. Onibaba Stats: Pacific Rim: Man, Machines & Monsters
  2. Pacific Rim: Tales From Year Zero
  3. 3.0 3.1 Kaiju "Onibaba": Category II
怪獣
カテゴリー2 オニババ - ラグナロク
カテゴリー3 ナイフヘッド - ヤマアラシ
カテゴリー4 ムータヴォー - オオタチ - レザーバック - ライジュウ - スカナー
カテゴリー5 スラターン
カテゴリー不明 ※未編集
関連記事 怪獣の一覧
[テンプレート]
Advertisement