パシフィック・リム Wiki
Advertisement
パシフィック・リム Wiki
ネタバレ注意!!

この記事は『パシフィック・リム:アップライジング』や未邦訳作品の情報を扱っています。
閲覧の際にはネタバレにご注意ください。

ガーディアン・ブラーボ(Guardian Bravo)は第6世代のイェーガーである。

歴史[]

性能[]

バースト・フォイルによる高機動性と中距離からの火力に優れた機体。 Elec-16 アーク・ウィップはジプシー・デンジャーの蛇腹剣GD6チェーン・ソードの改良装備である。実質的に破壊不能な物質で作られているとされ、打撃の際にエナジーショックを対象に与える。威力は強烈で、ハクジャを叩き飛ばしてビルを貫通させた。小説では、エネルギー砲はプラズマ砲か粒子砲のどちらかだとされる。ガトリング砲は両腕に装備している。

怪獣討伐歴[]

ガーディアン・ブラーボが単機で、あるいは他のイェーガーの助けを借りて討伐した怪獣の一覧。

怪獣 日付 場所 イェーガーのチーム
メガカイジュウ 2035 東京 ブレーサー・フェニックス,
ジプシー・アベンジャー,
セイバー・アテナ,
スクラッパー


名称[]

トリビア[]

コミコン2017

  • 2017年7月、公式サイトGojaegerにて、ガーディアン・ブラーボを含む『パシフィック・リム:アップライジング』登場イェーガーのブループリントが初公開された。
  • 日本の媒体で紹介された武装の「電磁パルス・ミスト・グレネード」は英語版では確認できず、タイタン・リディーマーのEMPミストグレネードと混同された可能性がある。
  • コミコン2017で公開された映像では、コン・ポッドの発光箇所の形状が異なる。
  • 21 X-9 コア・サルボ・チャージは、名称通りなら艦載砲に近い実弾砲と思わしいが、小説版でのオブシディアン・フューリーの似た名前のミサイル・ランチャーがプラズマ・ミサイルを発射しているので実情は不明。

ギャラリー[]

出典[]

イェーガー
第1世代 ブロウラー・ユーコン - タシット・ローニン - ロミオ・ブルー - ホライゾン・ブレイブ - チェルノ・アルファ - コヨーテ・タンゴ
第2世代 ディアブロ・インターセプト - エデン・アサシン - プーマ・レアル - ソーラー・プロフェット
第3世代 シャオリン・ローグ - クローム・ブルータス - ヴァルカン・スペクター - ジプシー・デンジャー - マタドール・フューリー
第4世代 エコー・セイバー - マンモス・アポストル - ヒドラ・コリンシアン - ノヴァ・ハイペリオン - クリムゾン・タイフーン
第5世代 ストライカー・エウレカ - ブレーサー・フェニックス
第6世代 ガーディアン・ブラーボ - ジプシー・アベンジャー - タイタン・リディーマー - ノーベンバー・エイジャックス - セイバー・アテナ
世代不明・その他 オブシディアン・フューリー - スクラッパー - ヴァラー・オメガ
関連記事 イェーガーの一覧 - イェーガー計画 - 環太平洋防衛軍 - コン・ポッド - レンジャー
[テンプレート]
Advertisement