パシフィック・リム Wiki
Advertisement
パシフィック・リム Wiki

シャオリン・ローグ(Shaolin Rogue)は第3世代の中国製イェーガーである。

歴史[]

2017年に初出動したシャオリン・ローグはクリムゾン・タイフーンホライゾン・ブレイブとともに香港シャッタードームに配属されていた。[7]

ジナイ夫妻の以前のレンジャー達は、テンタラス撃破の後に自宅のアパートで怪獣の信奉者たちに殺害されてしまった。犯人は見つかっていない。

シャオリン・ローグは2024年に上海を防衛するための黄海(800マイル沖)での戦闘でフオ・ダとの戦闘でダメージを受けた。このイェーガーから回収されたプロセシング・ルーターは、のちにニュートン・ガイズラー怪獣ドリフトするために開発したポンズ・システムに再利用された。[3]

怪獣討伐歴[]

シャオリン・ローグが単機で、あるいは他のイェーガーの助けを借りて討伐した怪獣の一覧。

怪獣 日付 場所 イェーガーのチーム
テンタラス ?/?/?? ??? ??
フオ・ダ 2024年 黄海 - 上海 クリムゾン・タイフーン

※テンタラスは、パシフィック・リム(小説)ではクリムゾン・タイフーンが2022年9月7日に中国沿海で単騎で倒した。

性能[]

全イェーガーで最も水中戦に特化しており、海水から電解措置で酸素を供給したり、背部の複数の追加タービンによって垂直移動や潜水艦の様に水平に潜航したり、強化ソナーで水深約61メートルまで怪獣も索敵可能。水中での舵は、バラストと空気室で安定する。右腕に装備したチタン合金製のメテオチェーンは水陸両用の武器で49メートル弱先の相手にも当たる。ハイドロ・リパルサーを複数装備する。左腕には怪獣の頭蓋骨を貫く炭化カルシウムのカーバイドランスを装備し、シューティングスターと呼ばれるマグネシウムでコーティングされた弾頭を2つ持つ。腕には爆発可能なボルトがあり、緊急時に腕を脱着できる。

トリビア[]

ブレーサー・フェニックスのパイロットの一人であるオウ=ヤン・ジナイはシャオリン・ローグのパイロットを両親に持つ。そのため、ヴィクトリア・マリコヴァに親のコネでレンジャーになれたのだと当てつけられた。

出典[]

イェーガー
第1世代 ブロウラー・ユーコン - タシット・ローニン - ロミオ・ブルー - ホライゾン・ブレイブ - チェルノ・アルファ - コヨーテ・タンゴ
第2世代 ディアブロ・インターセプト - エデン・アサシン - プーマ・レアル - ソーラー・プロフェット
第3世代 シャオリン・ローグ - クローム・ブルータス - ヴァルカン・スペクター - ジプシー・デンジャー - マタドール・フューリー
第4世代 エコー・セイバー - マンモス・アポストル - ヒドラ・コリンシアン - ノヴァ・ハイペリオン - クリムゾン・タイフーン
第5世代 ストライカー・エウレカ - ブレーサー・フェニックス
第6世代 ガーディアン・ブラーボ - ジプシー・アベンジャー - タイタン・リディーマー - ノーベンバー・エイジャックス - セイバー・アテナ
世代不明・その他 オブシディアン・フューリー - スクラッパー - ヴァラー・オメガ
関連記事 イェーガーの一覧 - イェーガー計画 - 環太平洋防衛軍 - コン・ポッド - レンジャー
[テンプレート]
Advertisement