パシフィック・リム Wiki
Advertisement
パシフィック・リム Wiki

ジプシー・デンジャー(Gipsy Danger)は第3世代のイェーガーである。後の第6世代機ジプシー・アベンジャーはジプシー・デンジャーにちなんで名付けられた。

歴史[]

Editicon.png このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

オブリビオン・ベイからよみがえった唯一の機体。

性能[]

冷却液の武器化

チェルノ・アルファ共々、タービンから熱エネルギーを発射する。近接の武器または空中でのブースターとして使用可能。

怪獣討伐歴[]

Editicon.png このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

名称[]

Editicon.png このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

トリビア[]

  • 企画段階ではマーク1であり、ガトリングガンや高出力ビーム、胸部にエレクトロレーザーというレーザーキャノンを持っていた。
  • 暗黒物質を発射し対象の分子の構造をかき乱す効果を持つS-11 パルスランチャーがプラズマキャスターの初期設定であり、あまりにも無理がある設定だったので変更された。[3]ただし、公式アプリイェーガーデザイナーには設定が残る。小説にてプラズマキャノンに変更された後も通常の物と対生物用の二種類をもっていた。
  • オオタチの尻尾を液体窒素で凍らせたのは、企画段階でタシット・ローニンが、怪獣テングを液体窒素で倒したことの名残りである。
  • シミュレーター・イェーガーは、ジプシー・デンジャーをモデルにしている。

ギャラリー[]

Editicon.png このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

出典[]

Advertisement